電話占いの実際の流れ

対面式の占いの場合は占いが終了した後に占い師に料金を直接料金を支払うことになりますが、電話占いの場合はどうなのでしょうか。
電話占いではまず占い師を選びます、これは電話占いの公式サイトに占い師のプロフィールが掲載されていますのでそれを見て選んでみてください。
占い師によって利用料金が違うこともあるので料金も確かめてみてください。
そのあと受付の電話番号に電話をします。
受け付け番号は携帯電話の場合と固定電話の場合とでは違う場合がありますので必ず確認をしておいてください。
受け付けの番号にかけますとオペレーターが出ます。そして自分の名前や電話番号そして住所などを伝えるのです。
そして希望の占い師を伝えます。これで受け付けの電話は終了となります。
そのあとで電話占い会社から電話がかかってきます。占い師の電話番号がこのときに伝えられますのでそれをメモしておいてください。
そしてあとは自分でその電話番号にかけるだけです。
これで電話占いが始まります。
電話占いが終了した後には電話占い会社から電話がかかってきます。
サービス料金の金額についての説明の電話です。
このときに支払いの方法などを教えてもらえますのでよく聞いてください。
携帯電話から利用する場合でも固定電話のほうに電話がかかってくることもあります。これは在宅確認をするためなのです。
もしも固定電話がない場合にはクレジットカードによる支払いを指定されますので、電話占い会社の方にクレジットカードの番号を伝えてください。
これで一連の流れは終了です。
基本的には受け付けのスタッフがいますのですべて任せていれば大丈夫なのですが、占いを受ける前に一応流れは確認しておくことは大事です。
在宅確認などの時には自宅にいる必要があるからです。
これは電話占いサービスの一例にしかすぎません。サービス会社によって流れが違う場合もありますので公式サイトで必ず確認をしておいてください。